ソフトバンクエアー ライフバンク

 

ソフトバンクが提供するWi-Fiサービス「ソフトバンクエアー」は、機体をコンセントにさすだけで、複雑な設定なしにインターネットを利用することができる便利なサービス。

 

しかし、導入したいと思って調べてみると、取り扱っている代理店が多く、どの会社と契約を結んだらいいか迷ってしまっている方も多いのではないでしょうか。
また、各代理店が行なっているキャッシュバックなどのキャンペーンを見て、一番お得になる代理店と契約したいと考える人もいらっしゃると思います。

 

この記事では、代理店のうちのひとつである「ライフバンク」についてご紹介します。
実際にライフバンクからソフトバンクエアーを契約した方の口コミのほか、申込みの流れ、キャッシュバックの内容などもご紹介していますので、ソフトバンクエアーの導入を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

 

ライフバンクの実施するキャンペーンについて

ライフバンク

 

ライフバンクでは、ソフトバンクエアー契約のキャンペーンとして、2018年1月から最大70,000円のキャッシュバックキャンペーンを行なっています。
70,000円というのは、ソフトバンクエアーの代理店が行なっているキャッシュバックの中でも高額の部類に入ります。

 

しかし、このキャッシュバックを受け取るためには、かなり厳しい条件をクリアする必要があります。

 

キャッシュバック適用条件

ライフバンクから、キャッシュバックを受け取るためには次に挙げる条件を全て満たす必要があります。

 

  • ライフバンクのウェブサイトまたは電話で、新規で申し込むこと。
  • ソフトバンクエアーと同時に「ソフトバンク光」を同時に申し込むこと。
  • 申込みの際、キャンペーンコードを申告すること。(キャンペーンコード:nn60cp-ver140423)
  • 申込み後90日以内にソフトバンクエアーを開通し、キャッシュバックまで継続利用すること。
  • 開通から24ケ月以上継続してサービスを利用すること。
  • 申込みから10ケ月以内にキャッシュバック手続きを済ませること。
  • ライフバンクが実施するアンケートに答えること。

 

ご覧のとおり、キャッシュバックを受け取るためには、複雑なキャンペーンコードを自分から深刻したり、アンケートに回答したりと、手間のかかるステップを多く経なければなりません。

 

また、キャッシュバック申請手続きも複雑です。
上記の申込み手順とは別に、次の手続きを行う必要があります。当然、手続きを忘れるとキャッシュバックの対象にはなりません。

 

  • ソフトバンク光の利用明細(1ヶ月分)のコピーを提出する。(利用明細は申込み月から9ヶ月目以降の該当する月のもの)
  • 申込み月から11ケ月目までに、キャッシュバック口座の情報を登録する。

 

キャッシュバックの申請と別に、振込用の口座を登録しておく必要があることに注意です。

 

さらに、次の項目に一つでも当てはまった場合、キャッシュバックの対象外となります。

 

  • 開通した月にソフトバンクの「おうち割」を開始しているとき
  • 過去に同一住所・氏名でソフトバンク光を申し込んでいるとき
  • 現在ソフトバンク光を利用しているとき
  • キャッシュバックを受け取る前に退会、または契約プラン・名義・住所などを変更したとき
  • 申込み後にキャンセルし、再度申込みしたとき
  • 申込み月から11ヶ月目の末日までに口座情報登録をしていないとき
  • キャッシュバックの振込先口座が契約者と異なるとき
  • 手続きの際不備があったとき
  • 「キャッシュバックご案内メール」を紛失したとき

 

この中でも「キャッシュバックの振込先口座が契約者と異なるとき」は、自分の名義の口座を持っていなかったり、ついつい配偶者の口座で契約する癖がついていたりすると、その瞬間に対象外になってしまいます。
また、「キャッシュバックご案内メール」は誤って削除してしまった場合再送してもらうことができません。

 

必要な条件や手続き、対象外となる条件が多くて、混乱してしまいますね。

 

ライフバンクでの申込みからキャッシュバック受取りまでの流れ

では、改めてライフバンクで契約した場合の申込みからキャッシュバック受取りまでの流れについて振り返ってみましょう。

 

  1. ライフバンクのウェブサイトまたは電話で、新規に「ソフトバンクエアー」と「ソフトバンク光」を同時に申し込む。
  2. キャンペーンコードを申告する。(キャンペーンコード:nn60cp-ver140423)
  3. 送付される「キャッシュバックご案内メール」を受保管しておく。
  4. 「ソフトバンク光」の1ケ月分の利用明細のコピーを提出する。(利用明細は、申込み月から9ヶ月目以降の該当する月のもの。)
  5. ライフバンクが実施するアンケートに回答する。
  6. (※@〜Dまでは、申込み月から10ヶ月目までに行うこと)

  7. 申込み月から11ケ月目までにキャッシュバック振込先口座を登録する。

 

以上の手続きを行うと、開通月から12ヶ月目の末日に70,000円のキャッシュバックが振り込まれます。
12ヶ月目というのは、他の代理店のキャッシュバックが6ヶ月程度で振り込まれることを考えると遅い方だと言えます。

 

「ライフバンク」の口コミ・評判は?

実際にライフバンクでソフトバンクエアーの契約を行なった人は、複雑な手順のためにキャッシュバックを受け取ることができず、不満を感じているようです。

 

キャンペーンコードが必須なのに、電話オペレーターがキャンペーンコードの利用を確認してくれない。

キャンペーンについて説明しているメールや書類がわかりづらい。

電話が非常につながりにくい。

 

さらに、キャッシュバックは「最大」70,000円とありますが、どうやったら減額されてしまうのか、減額された場合はいくらになってしまうのかなどはウェブサイトなどに全く記載がありません。

 

ライフバンクが実施するキャンペーンは、キャッシュバック額が高額だという魅力はありますが、手間がかかり、受け取るまでにかなり時間が必要な上に、受け取ることすらできないリスクがあります。総合的に見て、おすすめできる代理店だとは言えません。

 

ソフトバンクエアー契約は、手続きが簡単な「エヌズカンパニー」がおすすめ

エヌズカンパニー

 

ソフトバンクエアーを契約するなら、代理店「エヌズカンパニー」がおすすめです。
エヌズカンパニーのキャッシュバック額は最大で30,000円。お客様情報を申込み日から3日以内に登録しないと、2,000円減額となりますが、複雑な手続きはありません。

 

適用条件は、「ソフトバンクエアーに新規で申込むこと」のみです。
また、キャッシュバックの申請手続きも、申込み後に送られてくるショートメッセージまたは郵送されてくる書類に、支払い方法と支払い先を記載して返送するだけ。
他の書類や証明書は一切必要ないため、余計な手続きはありません。

 

さらに、キャッシュバックが振り込まれるのは最短2ヶ月後と、かなり早い時期となっています。
キャッシュバック額だけで契約先を選ぶと、手間暇のかかる手続きが面倒になり、結局キャッシュバックをもらえなくなってしまうこともありえます。

 

高い額をもらうより、簡単な手続きでそれなりの額をもらう方が確実です。
そういった理由から、当サイトではライフバンクよりもエヌズカンパニーをおすすめします。

 

まとめ

キャッシュバックのために煩雑な手続きが必要なキャンペーンは、書類の準備や必要な時間を考えると、キャッシュバックをもらえたとしても結局損になってしまう場合もあるものです。

 

ソフトバンクエアーの申込みには、確実にキャッシュバックを受け取れるエヌズカンパニーのような代理店がおすすめです。